you tubeに動画をアップしました

シャンクとは?という題名でyou tubeに動画をアップしました。

 

 

シャンクを意図的に打つ事が出来れば、意図的にフェースでヒットすることもできるはずだという考えで、シャンクを意図的に打っている動画がほとんどないということがきっかけでした。

 

今後いくつかのシャンクの打ち方を公開予定です。

ゴルフはミスのスポーツ

ゴルフのことをよく知らない方は、トッププロはミスをしないと思っている方がいます。

 

タイガー・ウッズだってシャンクを打つこともあります。

 

ザックリやトップ、シャンクなどの心にこたえるミスショットも出るかもしれませんが切り替えて前向きにいきましょう。

 

you tube より

終盤にシャンク

ラウンド前半は調子が良かったが、後半になってからシャンクが出始めてスコアを崩してしまう事があるという方がおられました。

 

ラウンド後半にでる事が多いらしく、疲れやすい体質であるという認識を本人も持たれています。

 

疲れとシャンクという事で考えてみた場合、私感ですが左脇の閉まり具合の影響が考えられるのではないか?と思います。

 

トップからクラブを振りおろしてきた時に左脇が緩むと、シャフトが背中側に倒れクラブヘッドが極端にインサイドに位置しクラブフェースが開きます。

 

上記のようなスパイラルに陥った場合、シャンクが多数でて、それを嫌がり意図的にフェースをかぶせてヒッカケというパターンにはまる可能性が考えられます。

 

前半のスタート時間当たりは、体の疲労もなく、また適度な緊張もありスイングも脇がしまりコンパクトだったのかもしれません。

 

後半になってシャンクが出るという自覚症状がある方は、左脇のしまりを意識されるとそのまま前半のペースで完走できるのではないかと思います。

 

シャンクでお困りの方、GSIゴルフジムでは、
各自のレベルに合わせた、レッスンを用意しておりますので、まずは体験レッスンをお申し込みください。

⇒体験レッスン申し込みはこちら

恐怖心

ゴルフのミスショットの中でも、一番嫌な記憶に残るのがシャンクと言われています。

 

このシャンクは、連続して出る傾向が強く、それがトラウマになって苦労している方もおられるかもしれません。

 

シャンクを直すためのレッスンでは、上体の前傾角度を保つ、ボールから離れて立つ、またはスイング中にクラブを体に引きつけておくなどの修正方法がありますが体の動きを意識して治らないようでしたらクラブを変えてみる事が有効かもしれません。

 

シャンクを根本から治すには、ボールをキチンとクラブフェイスで捉えるという成功体験が数多く必要と考えられますがクラブフェイスが大きければ当然クラブフェイスにあたる確率はあがるはずです。さらに大きなクラブフェイスは視覚的な安心感も与えられるものと考えられます。

 

シャンクにお困りの方は、大型ヘッドのアイアンを是非試してみてくださればと思います。

シャンクとヒッカケが出やすい方に

先日、元気な50代男性の方から、アイアンでシャンクとヒッカケが出やすくて困っているとの相談がありました。スイングチェックした所、ヘッドスピードはドライバーで40m/s台後半が出せるくらい速いのですが、ヘッド軌道のバラツキが起こりやすく球筋が安定しない状況でした。

この方の場合のその要因の1つが、スイング始動直後から急激に左腕が身体から離れクラブヘッドが低く背中側にたれてしまう軌道にありました。

なので始動からトップまでのクラブの軌道を修正した所、症状が改善されました。

カメラを飛球線後方に設置して本人と映像で確認しながら軌道修正しましたが、本人はこのような動きになっていたとは全く思いもよらなかったとの事。

同じ様な症状でお悩みの方は、一度チェックされてみてはどうでしょうか? (^_^)/~

フェースを開こうとするとシャンクを減らせる

シャンクするという事はインパクトでアイアンのネックとボールが当たってしまうという事なので、ネックがアドレスよりもスタンスから離れなければ予防できるという事になります。

 

それにまつわる要素として、シャフト軸を回転させることがあります。

 

クラブをグリップしてシャフト軸を回転させようとすると、クラブ全体の重心を中心に回転しようとします。

 

すると、シャフト軸を回転させようとすると左右どちらに回してもネックはターゲットラインに近づくのでシャンクしやすくなります。特に反時計回りに回した時にシャンクしやすくなります。

 

このケースはスライスばかりする初心者が手を返して真っ直ぐに打とうとする事がやり過ぎになった時期にシャンクが出やすくなります。

 

これに思い当たる方はフォローのフェース向きが現在より開いている状態になるようにするとシャンクが出ないようになっていくと思います。

 

 

シャンクとヒッカケがセットになっている人の改善法

シャンクがよく出る人はフェースに当たった時にはヒッカケになる事が多い傾向にあります。

 

原因としてはダウンスイングで左手が体に近づかずにターゲットラインに近づいてしまう事です。この状態から上手くボールに当てる事が出来るとダフリ気味のスライスかヒッカケのミスショットになってしまいます。右に飛んでしまう人はシャンクが出ない代わりにスライスかダフリが多くなるでしょう。左にヒッカケてしまう人がシャンク予備軍になります。

 

改善法としてはダウンスイングのグリップの始動方向が真下に向かって下がるようにすると腕が体に近づくのでインパクト時にヘッドが体から離れなくなるのでシャンクは終息するでしょう。

 

最初のうちはダフリが多くなりますが根気よく続けてみて下さい。

シャンクの応急処置

ラウンド中にシャンクが出てしまう場合の応急処置とその準備についてお話します。

 

シャンクが出てしまう場合、そうなってしまう打ち方の原因を取り除ければそれが一番ですが、ラウンド中に出てしまう場合にはそれが出来ないからシャンクしてしまうわけです。

 

シャンクする原因はインパクトでアイアンのネック部分にボールが当たってしまう事ですので、ヘッドがアドレスよりも体から離れて当たってし待っているわけです。

 

そこで練習場などでワザとフェースの真ん中よりも先寄りに当てる練習をしておきましょう。それが出来た時の打ち方を理解しておけばコースでの応急処置になり、脱シャンクのきっかけづくりにもつながると思います。

 

これが出来た時にボールが左へ飛ぶようだと50点です。真っ直ぐか右に飛ばせれば最高です。

 

しかし、これが出来ないからシャンクしてしまうわけですから、簡単ではないかもしれません。

 

どのように振ればフェースの先寄りに当てられるかを真剣に考え、工夫してみて下さい。

 

その答えがしばしばシャンクしない打ち方にするための大きなヒントにもなるはずです。

シャンク

シャンクが多発する方は、デカヘッドをお勧めします。

理由は簡単です。

クラブフェイスの真ん中から、ネックまでの距離が短いほど、シャンクをしやすいという事になります。

プロモデルのアイアンを使用して、シャンクを頻発していた方に、ゼクシオなどの大きいヘッドで球を打って貰ったら、シャンクが一発も出なかったというケースもあります。

今お使いのアイアンで、シャンクが出る方は、ヘッドサイズを大きくすると効果が期待出来ると思います。