ミスショットを利用する

例えば、残り距離が150ヤードあって、6番アイアンでちょうどいいはずが、右にスライスして10ヤードショート、逆に左にフックして左の奥にオーバー、というようなことが上級者になるほど起こります。

 

これは、アイアンで同じヘッドスピードなら、スライスすると距離が落ちて、フックをすると飛び過ぎるからです。

 

理由は割愛しますが、ドライバーやフェアウェイウッドの場合は、打球のスピン量が少なすぎて飛ばない人などは、スライスの方が距離が出せる場合もありますが、これは例外です。

 

この法則を利用してゴルフ場の設計者は左右にバンカーを配置する場合、右は手前に、左は奥目に設置したり、長いパー4だと、難しくなりすぎないように右は奥目に、左は手前目に配置して、視覚的なプレッシャーを与えるだけにとどめたりする設計の手法がよくとられます。

 

グリーンの形状でも、距離の短いサービスホールや、難しく造りたいホールなどは左手前が近く、右奥が遠くなるようにすると、真ん中を狙って左へ引っ掛けると左奥にこぼれて、右にスライスすると右手前に外れるので乗せるのが難しく、逆なら易しくなります。

 

プレーヤーとして利用するなら、ボールを止めたいケースや、少しだけ距離を落としたい時などは軽いスライスボールを打つことで、対処できます。

 

初心者の方にとってのスライスやフックはミスショットというイメージがあるかもしれませんが、わざとフックやスライスを打つことで、コースをうまく攻略するという使い方もあり、こういうわざといろいろなショットを打つことをインテンショナルショットと言います。

 

ドライビングレンジでの練習の際は数球でいいのでインテンショナルショット必ず打つようにすると、ゴルフの楽しみ方も拡がりますから挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

曲がり幅

バナナスライスやチーピンと呼ばれるような大きく左右に曲がる球があります。

 

球の曲りの要素を決めるのはスイング軌道とクラブフェイスの向きになるのですが、自分がどういったスイング軌道をしているのかをまず確認するとよいでしょう。

 

アウトサイドインやインサイドアウトの軌道が強い方は曲がり幅も大きくなりやすいので、オンプレーンのスイングに近づけると球の曲り幅も減ると考えられます。

 

スイングの軌道がオンプレーンに近い方は、インパクト時のクラブフェイスの向きの安定を目指すと良いでしょう。このタイプの方はクラブフェイスの開閉をテーマに色々と実験されてみてください。

 

 

 

 

方向性の悪い方の特徴

打ったボールが大きく右に飛んだり左に飛んだり方向性が定まらない方へのアドバイスです。

 

方向性が定まらない方の多くは、スイング中に両腕の上腕部が緩んで、大きく回転してしまう傾向が強いと感じます。

 

それに対して上級者の上腕部はスイング中に緩みがなくしっかりと固定されています。そして前腕部のみが回転をするのでクラブフェイスの開きすぎや閉じすぎを防ぐ事ができます。

 

 

プロや上級者がアドバイスをする時に、肘から先がクラブだと思いなさいという言葉を聞いた事があるかもしれませんが、個人的には上記の状態を指すものだと思います。

 

心当たりがある方は、肘から上の上腕部を固定し、肘から下の前腕部のみを左右に回転させられるようにトレーニングをされると確実にスイングの精度があがるでしょう。

伝説のボール

ミスショットした球がサイドスピンが修正されて曲がりにくくなる・・・

 

こんなボールがあれば理想的ですが、実はあるんです。

 

ディンプルの深さをかえて配列する事で、ある方向から打った場合にはサイドスピンが修正されて飛ぶという代物です。

 

その優位性が認められ、あえなくUSGA及びR&Aにより公式試合での使用が禁止になりました。

 

しかし公式試合に出場しない方には関係がありません。

 

 

 

そのボールの名前はポララボールと言います。↓↓

logo

http://www.aftergolf.net/gekiyasu/goods/p/ptz28475/ 

 

 

商品に関するショップからの説明

スライス・フックを50%削減!!
究極の非公認球ボール

POLARA ポララ XD
(XD=エクストラ ディスタンス)
ゴルフボール 1ダース


 


<ポララボール特徴>

・ボールのディンプルパターンを浅い部分と深い部分に分けることにより、
 好ましい回転軸を生み出しサイドスピンを軽減します。

・ボールを正しくセットすればディンプルが揚力を生み出し大きな飛距離が得られる一方、
 サイドスピンが抑えられスライス、フックが減少します。

・ポララボールは非公認球です。公式試合には使用できません。

・公式ルールではティーオフ以降にグリーン上以外でボールに触ると1打罰が課せられます。
 「6インチリプレースOK」などのローカルルールがあることを確認してご使用ください。


<ポララボールで最高のパフォーマンスを生み出す方法>

ドライバーショット
 高めのティーでボールにプリントされた矢印をターゲットに向けてセットアップしてください。
ロフトは10.5度かそれ以上のドライバーで効果を発揮します。ロフトが8度や9度のドライバーより3ウッドの方がよい場合もあります。

・アイアンショット
 ボールにプリントされた矢印をターゲットに向けてセットアップしてください。
通常のボールより20ヤード以上飛ぶこともありますので距離感に注意してください。

・ショートゲーム
 スピンをかけてグリーンにボールを止めたい場合は矢印をターゲットとのラインと垂直にセットしてください。
※送料600円。何点ご注文でも同じです。(北海道沖縄は800円/ご注文後に修正します)

※店舗や他サイトとの併売の為、タイミングによっては完売の場合もございます。
その際は申し訳ありませんがご容赦願います。

 

 

 

 

 

 

 

フックグリップにするとフックする?

ゴルフのグリップの握り方をスライスグリップ、スクエアグリップ、フックグリップと分ける事が出来ますが、必ずしもフックグリップだとフックするというものでもありません。

 

自分の普段通りのグリップよりもフック気味に握るとインテンショナルフックが打ちやすかったりする事はあると思いますが、トッププロの中にもフックグリップでフェードを持ち球にしている選手も数多くいます。

 

ボールがフックして困っている人はフックするようにヘッドがボールに当たっているという事なわけで、グリップよりも前にフェースが閉じて当たってしまう原因をしっかりと分析してください。

 

もちろん中にはフックグリップが原因でフックばかり出てしまう人もいると思いますので少しスライス気味に握ってみてフックの度合いが軽減すればよし、あまり変化しなければ、グリップ以外のところに原因を求めてみましょう。

 

フックを直すためにあまりお勧めできないアドレスを一つご紹介します。

 

ハンドファーストにインパクトした方が左へフックして行く可能性は減るのですが、そのために極端にハンドファーストに構えると逆にフックを助長してしまう事があるので注意してください。

 

試してみると分かると思いますが、アドレスのハンドファーストの度合いを大きくするほどフックグリップにして行った方が握りやすくなります。

 

すると、アドレスよりもハンドレートに当たると大きなフックボールになってしまいます。

 

ハンドファーストに当てる事で左へのフックを矯正するのであれば、アドレスのクラブ位置よりもハンドファーストに当てる事に集中した方が根本的な解決に至る可能性が高くなるはずです。

ターゲットライン

練習場でマットの向きに打ってると、いい球を確率良く打てる人が、右を狙ったり、左を狙ったりすると途端にミスショットを多発する場面を多く目にします。

上記の現象は、ターゲットラインに対しての体の向きや、体に対してのボール位置が変わる為に起こるケースが多くあります。

マットの向きに打っていた時には、ストレートに近い球が、右に狙った時にフックやスライスに変わる場合などは、体の向きやボール位置が変わっていると考えて良いでしょう。

フック系の球に変わる場合は、体の向きは目標よりも右に向いている。またはボールの位置が中よりになっているケースが疑われます。

反対にスライス系の球に変わる場合は、体の向きは目標よりも左に向いている。またはボール位置が外よりになっているケースが疑われます。

マットの向きに打っている場合と、目標を右や左に設定した場合に、アドレスの向きや、ボールの位置などに変化が起きていないか?

市販のアライメントスティックを使用したり、仲間の方にチェックしてもらうと自分では気づかないアドレスの癖などが発見できるかもしれません。

目標に正しく構える為に、定期的にチェックをすることをお勧め致します。

体の回転が止まったフック

「インパクトはアドレスの再現。」という教えがあります。この意味としてはクラブがアドレス通りに当たると真っ直ぐ飛ぶよ。という事で、インパクト時の体はアドレスよりも両肩を結んだ線はわずかに左を向き、腰は左へ回った状態であるべきですので、アドレスを再現するのはクラブだけと思っておいてください。

 

これを勘違いしてアドレスと同じ体勢でインパクトしているアマチュアの方が多くいらっしゃいます。

 

その結果、体が止まった瞬間にクラブが返りフックしてしまいます。脇が甘いとスライスして右に飛んでしまう方もいます。

 

また、厳密にいえばクラブもシャフトはしなり戻り、アドレスよりもわずかにハンドファーストになるのがいいインパクトです。

 

「インパクトはアドレスの再現。」というのはあくまで概念的にはそういうものだと捉え、積極的に実践しようと思わない方がいいかもしれません。

スライスが直ったらフックに・・・

ショットの結果はインパクト中のヘッドの軌道とフェースの向きによって決まります。

 

ショットの改善をする場合は、自分のインパクト中のヘッド軌道とフェースの向きがどういう傾向になっているかを正しく認識しましょう。出来れば良いショットが打てた時とミスをした時の両方を認識出来ればかなりやるべきことがしぼられるだろうと思います。

 

ゴルフを始めたばかりの人の多くはアウトサイドインの軌道になりフェースはターゲットよりも大きく右を向いて軌道から見るとかなり右に向いてしまいます。

 

この後に手を返す事でスライスを軽減させようとし、これが出来てくると左にフックするようになり右には行かなくなったが左に飛んでしまうことになります。

 

結果を見て部分的に修正するだけだとこのような状態になりやすいので、軌道とフェースの向きをそれぞれどのように動くようにして行ったらいいかを決めてからスイングの改善、改造に取り組むようにするといいと思います。

フックに悩んだらロブショット

フックに悩んでいる方は左に曲がる事よりも打球がターゲットより左に行ってしまう事が問題でしょう。左に行ってしまうのはインパクトでフェースがターゲットよりも左に向いて当たってしまうことが原因です。

 

これを矯正するにはフェースを右に向けて当てる事を学習することが早道です。そのためにフェースを開いて打つロブショットを練習するとヒントが見つかるかもしれません。

 

フックで悩んでいる人はロブショットを打とうとしてもただ左に飛ぶだけになったりバウンスがボールの手前で跳ねてトップになったりしやすくなってしまいますが根気よく打てるようになるまで続けてみて下さい。

 

ロブショットの一般的な打ち方を紹介します。

 

まずSWでグリップを普段通りに握ってセットアップを完了した後、グリップエンドを時計回りに30°程回転させてから握りなおします。回転させる角度は最初はこのくらいがいいかと思います。するとフェースは上を向き、やや右向きになりますのでフェースがターゲットに向くまで立ち位置を移動してセットアップ完了です。あとは、トップにならないよう、どちらかというとダフリ気味にヒットします。

 

フックに悩む方は左にロフト通りに飛んで行ってしまったり、手前をダフってバウンスが跳ねてトップしてしまうことが多くなると思います。上記のアドレスから高い球がターゲットに飛ばせるように工夫して行って下さい。これが上手くいけばフック解消に必ず近づくはずですので挑戦してみて下さい。

 

 

 

 

シャフト交換

ゴルフクラブのチューンナップの一つのの方法としてシャフト交換という手があります。

 

例えばフックして困る時にシャフトのしなる位置のことをキックポイントといいますが、キックポイントが違うものに変えることでフックしにくいクラブにすることが出来ます。シャフトの手元寄りがしなるものにするとヘッドが返りにくく、ヘッド寄りがしなると返りやすくなることを利用するわけです。

 

本来はこのキックポイントをスイングテンポと合わせて振りやすい状態にするのですが、応急処置として、もし先調子のシャフトを使っている場合なら手元調子のシャフトに変えることでフックしにくいクラブにすることが出来ます。

 

また、シャフトを10グラム以上重くしてみる事でもヘッドが返りにくくなるためフックを軽減できるかもしれません。

 

このように応急処置的にシャフトを変える場合と、自分にとって振りやすいクラブにするためのシャフト交換があります。

 

できるなら、振りやすいクラブに仕上げて自分の技術を発揮しやすくすることで、技術をどんどんバージョンアップして行くようにするのが理想的なシャフト交換です。

 

昔に比べると、シャフト交換をしてみたことがある方は増えてきましたが、まだやってみたことがないという方がいらっしゃったら是非挑戦してみて欲しいと思います。もし、自分に合うシャフトが見つかると驚くほどショットが変わる事がありますよ。