インテンショナルスライスとフックの打ち方注意点

クラブの構造上フェースを開いて構えてスイングするとフェースが返りやすく、閉じて構えてスイングすると開きやすくなります。

 

このために、オーソドックスな左を向いてフェースを開いてインテンショナルスライスを打とうとするとフェースが返ってしまい左に真っ直ぐ飛んでしまったり、フックなら右に真っ直ぐ飛んで行ってしまうというようなことが起こりやすくなります。

 

なのでスライスを打つ時はフォローでフェースを開くように、フックを打つ時は閉じるように振った方が成功の確率が高くなります。

 

確実に大きく曲げたい時のショットは以上のことを理解して対処してみて下さい。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンを随時募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

ショットの雨対策

間もなく梅雨時期になりますが、濡れた芝生からのショットはインパクトでフェースとボールの間に水の膜ができてスピンがかからなかったりボールの初速が遅くなってしまいます。

 

アイアンショットはダウンブローで打てといわれますが、ぬかるんだやわらかい地面からのショットはダウンブローだと球が低くなってしまい飛距離をロスしてしまうのでレベルブローかそれに近い軌道で打って行くのがいいでしょう。

 

濡れた地面からのショットはクロスバンカーから出来るだけ砂粒を飛ばさないでボールだけ打つような当て方を目指しましょう。

 

その結果、インパクトで余分な水がボールとフェースの間にはさまらずに済むのと適度に高い弾道になるので安定した結果が得られると思います。

 

普段ダウンブローで打っている人は、濡れた芝生から打つ際はボールの位置をボール半個~1個くらい左にしてソールを浮かせ気味して構えるようにするといいと思います。

 

練習場でこのような想定の練習もして準備しておくといいと思います。

マメはどこに出来たらいいの?

「ゴルフ 手 マメ」の画像検索結果

時々生徒さんから手のマメはどこに出来たらいいんですか?と聞かれることがあります。

 

握り方によってはマメが出来る位置が変わりますのでどこに出来たらいいかということは一概にはいえません。

 

上の画像の赤く示した位置のうち下段の2つは指先でグリップするとできるマメの位置で、中段の3つは手のひらで握るとできるマメの位置になります。

 

中指に対して直角ではなく斜めに握る人は画像の一番右下にできますし、オーバーラッピンググリップで握る人は上の画像の人差し指付け根寄りの左端にできることもあります。

 

そもそもどんなにクラブを振っても全くマメができない人もいます。

 

このようにどこにマメができたらいいか?の正しい答えはないと思います。

 

大事なのは自分にとってスイングをするのに最も適切なグリップはどうかを実験、研究を続けることだと思います。

反復練習の大切さ

 

何かの本で読みましたが有名な剣豪の話しとして「動きを覚える事と技が使いものになることはまったく別なことであり、動きを覚えたらそれを磨き上げなければ真剣勝負の場では使えない」という内容の話でした。

 

この事はゴルフに置き換えても同じではないかと思います。

 

練習場で開眼した、人からのアドバイスで分かったなどその瞬間に感じたとしても、それを磨き上げる為の練習量は必ず必要で、頭でわかったから練習はいらないというわけにはならないのではないかと思います。

 

ゴルフでも実践のラウンドでは磨き上げた技のみが高い確率での良いショットやアプローチなどにつながると考えられます。

 

練習時にこれは!と感じるものがありましたら、あまり空白期間を空けずに磨き上げる為の反復練習を行っていただければ必ずゴルフの上達につながるはずです。

昔ながらの練習法

自宅で出来る昔からよく行われている練習法があります。

 

その方法とはドライバーなどのヘッドカバーをアドレスするように両手で持って、壁に向かって投げるだけというシンプルな練習法なのですが、実際に上級者の方と初心者の方にやってみてもらった結果、当然のようにヘッドカバーの投げられた方向の精度に違いが出るケースが圧倒的に多いです。

 

初心者の方は地面に向かって投げてしまったり、大きく左右に投げてしまったり、あるいは天井の方に投げてしまったりとなかなか正面の壁に投げることが出来ません。

 

しかし上級者の方は若干の方向性の乱れはありますが、左右上下の方向でもかなり安定した範囲の中でコントロール出来る方がほとんどです。

 

ショットの方向性に難があるという方は、遊び感覚でトライしてみてはいかがでしょうか?

重たいボールで手打ちを撲滅

グラウンドゴルフという競技があります。

 

グラウンドゴルフのルールではボールは75g~95g直径は6cmと決められているそうです。

「グラウンドゴル...」の画像検索結果

 

ゴルフのボールは重さは45.93g以下で、直径は42.67mm以上でなければならないとされています。

 

グラウンドゴルフのボールは重いものだとゴルフボールの倍以上あります。

 

サイズは大きいですがこれで、1~2ヤードキャリーさせるチップショットの練習をすることで、手打ちだとボールの重さに負けてしまいますので、力ずくではなく重さに負けないようにすることで体を使ったストロークを作るための良い練習になると思います。

 

お試しになってみてはいかがでしょうか?

ゴルフコースのドライビングレンジのボールについて

ゴルフ場のスタート前にドライビングレンジにて練習をされる方も多いと思います。

 

その中には様々なボールが混ざっていることが多くて中には、劣化がひどくボールが割れていたり、泥や砂が付着していたり、ディンプルがすり減ってしまっているものなどがあったりします。またコースで使用できる公認級や練習場専用のボールなども混在している場合もあります。(ゴルフ場さんによっては同一メーカーの綺麗なボールで統一されている場合もあります)

 

劣化したボールや異物の付着したボールを打った場合には、自分のスイングの結果と全く違った球の飛び方をすることも考えられますし、クラブフェイスに異物が当たり最悪の場合はクラブフェイスが割れたりすることもあります。

 

古いボールはアプローチショット用にして綺麗なボールはドライバー用にするなどして打球の不規則な曲がりやクラブの破損を防いで楽しくラウンドされてください。

 

ターゲットを変えて球筋をチェック

練習場でボールを打っている時に、マットに沿って真っすぐ狙う、右方向のターゲットに向かって狙う、左方向のターゲットに向かって狙う。この3方向のターゲットに向かって打った球筋がバラバラになってしまう事がよく起こると思います。

 

例として右方向のターゲットに狙った場合はフック系のボールになり、左方向のターゲットに狙った場合はスライス系のボールになるケースなどです。(人によって球筋は違うと思います)

 

 

上記のような場合は構え方やスイング軌道、ボールの位置などが変わったために起きている現象であると考えられますのでアライメントスティックなどを使用してアドレスやボール位置の確認や、お知り合いの方などにチェックしてもらい、いつものアドレスと何が違うのかチェックしてもらうと自分のクセなどを知ることが出来るかもしれません。

 

 

練習場で打席を確保する時なども、真ん中付近や右端に近い打席、左端に近い打席など様々な打席でどのような球筋が出やすいかチェックする事も良いと思います。

練習に時間をかけてみてはいかがでしょうか

練習場でしっかりとスイングを作りたい場合には時間設定を多く割いていただくのが良いと思います。

 

何かを試そうとしている時は、今のは出来ているのか、出来ていないのかの自己診断やアドレス時のチェック項目などを確実に実施するために多少の時間が必要になります。

 

特に忙しくてなかなか練習時間をとれない方は、時間貸しで今日は何球打った?という球数ではなく上記のチェック項目を確実に実施する事や、ミスショットに仮説を立てて対策を考え、これをやってみよう!という考えが浮かんできてから次打に向かうと良いでしょう。

 

その際に確実に打席BOXを外して、気持ちをリフレッシュするという行為もぜひ行ってみてください。

測定器の進歩

ひと昔前は距離測定器といえばブッシュネルかニコンかでしたが、今はクラブメーカーから何から多くの測定器が発売されています。case2

 

レーザー測定器から始まりGPSを利用した測定器の精度も上がって来たようです。

ph01

簡易型ヘッドスピード計も20年前はヘッドスピードのみ計測可能な物でしたが、今はボールの初速も計れるようになりました。

f2

業務用のものになれば、下のミサイルの弾道測定用のものをゴルフの弾道測定に転用したトラックマンの登場で格段に進歩しました。軍事用機械恐るべしです。プロゴルファーも個人的に購入して練習に取り入れている人も多くいます。

image5

 

こうした測定器を上達に活かすことも実力のうちになってきています。