「頭を残せ」の意味

ゴルフのスイングに対する教えの1つに「頭を残せ」というのがあります。

 

同義語として顔を残せ、ボールを最後まで見ろ、ボールから目を離すな、等があります。

 

首の付け根あたりがスイングのヘッドの軌道の中心になります。

 

頭の真ん中から体を串刺しにされていて串を中心に体の回転で打てという教えもあります。

 

「頭を残せ」は回転の中心部や回転軸をブラさないための方法の1つで頭が静止している方が脳が活発に活動できるというような意味合いもあるかもしれません。

 

クラブがフィニッシュに近づいてもまだボールのあった位置を見続けようとしている人もよく見受けられます。

 

この行為は軸の回転を阻害して体の代わりに腕が動きミスショットを誘発します。

 

良いスイングがされた場合は体の回転が大きくなるので、フォロースルーではもうボールのあった位置に顔を向けておくことはできず飛び出したボールに顔が向いていった方が自然です。

 

あくまでもヘッドや体の回転軸の位置を保つためのものであることを忘れないでください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

 

 

ドライバーの調子が良いとアイアンが・・・・。の何故?

ドライバーはほとんどティーアップしたボールを打つクラブで、その他のクラブは地面から打つことを前提に設計されています。

 

ティアップをしたボールはアッパー軌道、ダウン軌道どちらでも打つことが出来ます。

 

それに対して、地面に接するボールはアッパーに打つことが困難になります。

 

ドライバーをアッパー軌道で上手く打てている時にはアイアンショットもアッパーになりやすいので、ドライバーが良くてアイアンが悪い状態になりがちで、その逆もあります。

 

レベルに近い軌道で打てていれば、ドライバーもアイアンも区別なく打つことが出来るのでドライバーとその他のクラブのショットが同じ傾向になってきます。

 

ということで、アイアンが得意な人はダウンブローにドライバーが得意な人はアッパーブローの軌道になっている傾向がありますから、ドライバーがいいアイアンが悪いというようなことが起こりやすいわけです。

 

基本とするスイングがレベルブローのスイングになるようにスイング作りをしていくとニガてなクラブが少なくなっていくはずです。

ショットの雨対策

間もなく梅雨時期になりますが、濡れた芝生からのショットはインパクトでフェースとボールの間に水の膜ができてスピンがかからなかったりボールの初速が遅くなってしまいます。

 

アイアンショットはダウンブローで打てといわれますが、ぬかるんだやわらかい地面からのショットはダウンブローだと球が低くなってしまい飛距離をロスしてしまうのでレベルブローかそれに近い軌道で打って行くのがいいでしょう。

 

濡れた地面からのショットはクロスバンカーから出来るだけ砂粒を飛ばさないでボールだけ打つような当て方を目指しましょう。

 

その結果、インパクトで余分な水がボールとフェースの間にはさまらずに済むのと適度に高い弾道になるので安定した結果が得られると思います。

 

普段ダウンブローで打っている人は、濡れた芝生から打つ際はボールの位置をボール半個~1個くらい左にしてソールを浮かせ気味して構えるようにするといいと思います。

 

練習場でこのような想定の練習もして準備しておくといいと思います。

分解写真の見過ぎにはご用心

下はイ・ボミ選手のスイングで分解写真とスーパースロー動画です。
02ibomirenzok1

you tubeより転載

 

どちらも勉強になりますが、分解写真のコマごとの形を作ろうとすることはあまり良い効果が得られません。

 

リアルスピードだと速すぎて真似する事は難しいので、自分が真似しやすいプロのスーパースロー動画を繰り返し見ながら一緒にスイングしてみる方が、体の動かし方やクラブの扱い方を学習しやすいと思います。

 

それでも実際のスピードで振ると上手く行かないはずです。

 

実際にスイングすると遠心力が大きくなるので、その分を計算に入れたイメージがつかめた時に上手く行くようになると思います。

 

自分にとって必要な情報はネット上に溢れていますので、それらをいかに自分に取り込んでいくかがとても大事だと思います。

初心者の方に最初にマスターしていただきたい体の使い方

ゴルフを初めて行うという方のスイングで非常に多く見受けられる動きは、膝、腰、肩の回転に捻転の差が適正についていないという現象です。

 

初めて練習場でクラブを振り回したいという方もいらっしゃるでしょうが、最初に悪い癖をつけてしまうと後々修正することが困難になる事も考えられます。

 

そこで基本を身に付ける為に是非1番最初に取り組んで頂きたい練習は、フルスイングではなくパターやショートアプローチの練習です。

 

その際にパターから始めるのが大きなミスにもなりにくく自信の喪失を防ぐことにもつながるのでおすすめです。

 

その際にお腹に力を入れておへそが回転しないように注意をしてください。そしてアドレスで作られた腕の形を変えずに脇を締め、肩甲骨や胸椎を動かしましょう。

 

このようにして最初の段階で上半身と下半身をバラバラに動かせるようになると、スイング中の正しいひねりの動作が身に付きやすくなり体幹の安定したスイング作りの土台が出来上がると思います。

 

 

きつい前上がりの傾斜は確実に番手をあげましょう

ゴルフ場には様々な傾斜がありますが前上がり(つま先あがり)の傾斜が強くなると、飛距離を出すのが大変難しくなります。

 

この傾斜は他の傾斜に比べて一つ明らかに違う点があります。それはスイングのトップからインパクトまでのグリップやクラブへッドの落下する距離が明らかに短くなってしまうためです。

 

その為他の傾斜に比べるとヘッドスピードが出せなくなります。他の傾斜地でも飛距離が出せない状況はありますがクラブのインパクトロフトの増減やスピン量の関係で飛ばなくなるケースがありますがヘッドスピードは前上がり(つま先あがり)の傾斜が強い場合よりも落とさずにスイングが出来ます。

 

自分の経験からですがアドレス時の体とボール位置の関係を水平面で見た時に膝の高さ位でしたらさほどヘッドスピードは落ちませんでしたが、おなかの高さあたりからヘッドスピードが明らかに落ちてしまいました。

 

皆さんも機会があればヘッドスピード計でどのくらいの位置からヘッドスピードが落ちてくるか確認されてみてはいかがでしょうか?

 

 

テンポやリズム感を養う事はゴルフに役立ちますよ!

コース本番でラウンドとなると、どうも練習の時のようなスイングが出来ないとか、ラウンド中での波が激しいという方は、少し話を聞いてください。

コース本番でのラウンドにおいて、ご自身のスイングテンポについて大切にされているでしょうか?

大切にしているのであれば、練習の時でもそれを大切にしながら行ってますか?

普段からしていない事を、突然コースでやろうとしてもなかなか上手く行かない場合が大半です。練習時の取り組みを変えていきましょう。

また、テンポやリズムそのものを大切にしていないのであれば、一度だまされたと思って練習時に取り入れてみて下さい。

私はメトロノームの音は味気なくて飽きてしまうので、楽曲にしています。ジャンルは邦楽、洋楽問わず、自分のスイングテンポに合うものを見つけてきては試してます。そして現在残っている楽曲は自分が聞いて楽しいものばかりで、コースで簡単に思い出せるものばかりです。

耳から入る情報で動作のテンポやリズムを整えていく手法は有効と感じてますので、よかったら試してみて下さい。(^^♪

練習場とゴルフコースの違い

練習場で打っている時とコースで打っている時で感覚が違うという方がいますが、これは当然の事ではないか?と思います。

 

練習場の多くは足場が人工芝でコースでラウンドしている時は足場が天然芝です。

 

天然芝の上でスタンスを取ると足場は体重によって少し沈んでしまいます。

 

それに対し練習場の人工芝では足場はほとんど沈みません。

 

上記の現象を考えた場合に、スイングの回転中心の位置は練習場のほうが高くなり、スイング軌道はわずかにアップライトになると考えられます。

 

他にも天然芝の方がすべり易いなどの要因もあると思います。

 

練習場では上手に振れるが、コースで上手くスイングが出来ないというお悩みをお持ちの方は、ゴルフシューズの踵の高さやスパイクレスのパターンを変えるなどゴルフシューズに解決策を見出すことが出来るかもしれません。

理にかなった自己流ならゴルフは上手くなる?

昔のプロゴルファーの中にはとてもユニークなスイングをする選手がたくさんいました。

 

インパクトさえしっかりとしていれば見た目の動きは結果にはそれほど問題にはなりません。

 

今のプロゴルフのレベルは飛躍的に上がってきていますから、良いスイングをすることが必須条件となりつつあります。

 

難易度の高いコースで20アンダーくらい出さないと勝てない世界になってきていますから。

 

それでも、独特であっても理にかなっていればゴルフは上達できますしプロでも通用するだろうと思います。

 

you tubeより転載

 

 

トーダウンについて 

下の写真をよく見ると、シャフトが縦にしなってグリップの延長線上にほぼヘッドの重心が来ているのが分かると思います。

show_img

これは遠心力によってヘッドの重心がシャフトの延長線上へ引っ張られることで起きる現象です。

 

これは短いクラブになるにしたがってシャフトが硬くなるので短いクラブほどシャフトのトーダウンする量は少なくなります。

 

アドレスでヘッドのトーの下に10円玉が2枚入るようにといわれているのはこのトーダウンを見越しての事になります。

 

ウェッジなら10円玉が1枚入るか入らないか程度でいいと思います。

 

ショートアプローチならソールがピタッと地面につくようにした方がいいと思います。

 

ショートアプローチでクラブを短く持てといわれるのはソールをピタッと地面につけるためにする意味合いが大きく含まれます。

 

トーダウンを理解することでアドレスのクラブの合わせ方の理解も深まっていくと思います。