夏場はロブショットの実戦練習のチャンスです

夏場の砲台グリーンに対するグリーン周りからのアプローチはロブショットが有効です。

 

ロブショットと言っても少しフェースを開くだけのもので十分で、夏場の芝生ならほとんどがラフでも地面からボールが浮いた状態になるのでそれほど難しくはありません。

 

グリーン周りのバンカーからのショットでは初心者でもフェースを開いて打てるようにしておかないと高いアゴを越える打球が打てません。

 

バンカーショットの場合はインパクト前後のクラブヘッドの動き方が安定していないとミスになりやすいですが、芝生の上に浮いたボールを打つならバンカーショットほど難しくはありませんので、ぜひ挑戦してください。

 

なお、洋芝のゴルフ場の砲台グリーンでは芝生の上にボールが浮きにくいため、グリーン周りの傾斜の上り坂部分に打球を当ててボールの勢いを殺す俗にいう「ワンクッション」のアプローチが効果的になりますが、日本の夏場の芝生ではボールが止まってしまいますので「ワンクッション」のアプローチはリスキーなショットになってしまいます。

 

ちなみにフェースを開くショットは、通常時の振り方のままではクラブが振りにくいものになってしまいますので、繰り返し練習をして慣れて行きましょう。

 

ロブショットが苦手という方、GSIゴルフジムではロブショットを簡単に打てる打ち方についてもご指導させて頂いていますので、まずは体験レッスンをお申し込みください。

 

⇒体験レッスンお申し込みはこちら

 

 

飛距離が出る季節になってきました

関東地方は半袖で気持ちよくプレーできる気候になってきました。

 

こうなると冬場の厚着しなければいけなかった時と比べると、1割くらい飛距離が出るようになります。

 

ランで飛距離を稼ぐ女性ゴルファーはキャリーが伸びる分、芝の抵抗が大きい為トータルの距離はあまり伸びないかもしれませんがキャリーが伸びる分気持ちのいい弾道のボールが打てるのではないかと思います。

 

「ゴルフ 冬のラ...」の画像検索結果←右の方が地面と球の隙間が広い

 

また、フェアウェイではボールが浮くようになってきますからインサイドアウトのヘッド軌道の人はボールをミートしやすくなりますので、冬場のプレーと比べるとかなり易しく感じられるようになるでしょう。

 

逆にアウトサイドインの人はボールが浮きすぎていてフェアウェイウッドやユーティリティでテンプラ気味になる可能性が高くなりますので注意が必要になってきます。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

夏場のゴルフは上の写真のようにライがバリエーションに富んでくるのでクラブ選択や打ち方の対応も必要になります。

 

今頃の時期と、芝が休眠期に入る12月ごろはゴルフのプレー内容が変化する衣替えのような時期といえます。

 

上手に季節の変化に対応して楽しくプレーして下さい。

ドロップボールでお困りの方、ボールを変えたら改善するかもしれません。

男性に比べて女性の方が道具に関しては無頓着な方が多く、道具の色に関しては男性が無頓着な傾向があります。

 

病的なほどクラブやボールに対してこだわる必要はありませんが、自分に合った道具を使うことが出来ると飛距離やスコアに対してそうでない人と比べると得をすることになります。

 

クラブを試打してから買う事は出来ますが、ボールを試打して買う事は無いでしょうし、そのような準備もショップ側はしてありません。

 

なので、色々なボールをコースで試すのがよいでしょう。

 

ボールも自分に合ったものを使えると飛距離やアプローチのしやすさなどにつながります。

 

女性は基本的にはレディース用のボールやディスタンス系のボールを使っていれば無難でそれでいいと思います。

 

しかし、年配の上手な女性の方が、それまでファイズやXXIOのボールを使っていたのですが、偶然SRIXONのスピンタイプのボールを打ったところ10ydくらいいつもより距離が出たそうです。

 

結果的には、スピン量が少なすぎて飛距離を損していたのが、少しボールのスピン量が増えてキャリーが出るようになったと思われます。

 

私がもしこの方にボールについて相談されていたとしたら、そのままファイズやXXIOをお使いになればいいのでは?と答えていたと思いますが、女性がプロが使うようなボールを使うと結果が良い場合もあるんです。

 

いかにスピン量を減らすかが今のドライバーづくりの本流なので、スピンが少なくなりすぎてドロップボールになってしまう方も多いでしょうから、ドロップボールでお困りの方で、もしディスタンス系のボールをお使いだとしたら、スピンタイプのものを試してみるといいかもしれません。

 

 

ドレスコードいろいろ

ゴルフ場によってドレスコードはいろいろです。

 

名門といわれるコースは特に厳しく取り締まられますので、始めていくゴルフ場のドレスコードは事前にチェックする習慣をつけておくといいと思います。

 

dresscodeinfo1_dresscode1

dresscode_p1info1_dresscode1

rule_pic_01m_1_4

 

女性のノースリーブは禁止のところもあるんですね。

クラブの重さを変えた時は、前のクラブはすぐに手放さない方が良いかも

先日、60代後半の女性の方が、もう少しFWの距離を出したいからとい理由で、今まで使っていたクラブより軽めの重量のものに変更されました。

使い始めの2~3ヶ月は速く振れるようになったと喜んでおられましたが、半年過ぎたあたりから、左右に球がばらつき易く、トップやダフリも多くなってFWが難しくなってきたとの事。

そこで、前に使っていた今より重たいクラブは手元にあるかと尋ねたところ、まだあるとの事だったので、それを持ってきてもらい、素振りで振り比べて貰いました。

その違いと聞くと、前のクラブの方が重さを感じ、ヘッドの動きが分かり易いとの事。

実際ボールを打ってみると、本人が言った通り、前のクラブのスイングの方が、リズム・テンポが良く、ヘッドの芯で捉えた打球が多く打てるようでした。

以上、必ずしも軽いクラブへの変更が上手くいかないとは限らないものの、このようなケースは散見されやすい事例なので、変更しても1年くらいは手元に残しておかれる事をオススメします(^^)/

クラブのセッティングについて考えてみます

ルールではクラブを14本まで携行してよいことになっています。

 

せっかく14本持てるのですからスコアにプラスになるセッティングにしたいものです。

 

上級者ほどクラブの影響がスコアに表れやすくなります。

 

中級者クラスの技量があるのに、クラブがあまりにも合っていなかったりすると、初級者レベルのスコアになってしまうこともあります。

 

初級者でも、打ちやすいクラブに当っていれば、速く上達出来たりフェースにちゃんと当てられたりすることもあります。

 

良いクラブセッティングとは?

 

・すべての番手が振り易い

・クラブごとの飛距離差がある程度均等に変わっている

 

抽象的ですがこんなセッティングであると当然良いですよね?

 

工夫の例としては・・・・・

 

・全体的に右に飛ぶ人は、フェアウェイウッドを1本だけ左に行きやすいものを入れておく。

 

すると、右がOBのホールではそのフェアウェイウッドでティショットをするとOBが避けられたりもします。

 

ちなみに、ドライバーが300ヤード、SWが100ヤードの人は、1クラブあたり約15ヤードずつ、ドライバーが200ヤード、SWが70ヤードだと1クラブあたり約11ヤード、ドライバーが150ヤードでSWが50ヤードだと8ヤードずつ飛距離が変わっていれば均等に変わっていくことになります。

 

ドライバー150ヤードの人なら、10~12本で全距離をカバーして、残りの分で、苦手な状況用のクラブを入れたり、飛距離の違うドライバーを入れたり、球が上がりやすいクラブを入れたりするのもありですね。

 

ここまで深く考えないにしても、自分に合っていると思えるクラブを使えたらゴルフも楽しいものになると思いますので、どんな14本にしたいかというテーマを持っておくといいと思います。

 

 

男女のハンディキャップ差

男性と女性のハンディキャップを比べた場合、体力的な飛距離などの違いから18ホールで4~5ストロークくらいのハンディキャップの違いがあると言われます。

 

例えばコンペなどで女性と男性が同じ白ティなどから回る場合には同スコアであれば女性のゴルファーの方がゴルフが上手であるという事になります。

 

男性が白ティで女性が赤ティを使用する場合にはスクラッチの勝負と思っていただければ良いでしょう。

アドレスの姿勢や向きを定期的にチェックしましょう

初中級者に限らず、アドレスを正しい向きにセットしたつもりが、合っていない事があり、女性の方が男性よりもこれを苦手としている人が多いようです。

 

多くの人がターゲットよりも右に向いてしまう傾向があります。

 

すると、右に向いた状態でターゲットに飛ばそうとすると向いた方向に対してアウトサイドインに振るとナイスショットが打てるのでおかしな動作を繰り返すことになってしまい、スイングがくるってしまいます。

 

これを逆手にとって、右に向いてしまいがちな人は思い切って目標より左に向いて構えてターゲットに対してスイングをするようにするとくるっていた動作、向き共に改善されて行くと思います。

 

結果的に左へ向いたつもりが、右に向く度合いが小さくなっただけというケースもありますが、それでもスイング、アドレス共に改善の方向には向かって行きます。

 

左に向いたつもりが真っ直ぐに構えている状態になったとしても、まだ、頭と体のずれがあるわけなので、真っ直ぐのつもりで真っ直ぐに構えられるまで続けて下さい。

 

一度理解出来ても、またくるってしまうのでアドレスの向きは定期的にチェックするようにして下さい。

ショートアプローチの距離感は3段階に入ったら身に尽きます

初心者がアプローチを覚える1段階はフェースに当たるかどうかがまず問題になります。

 

そして2段階は狙った方向に飛ばせるか、これはインパクトでフェースが右へ向くとロフトが増えて高くて弱々しい球になってショートしやすく、左へ向くとロフトが立って低くて転がる球になるのでオーバーしやすくなるために、一定のヘッドスピードで打っても距離がまちまちになるのを防ぐためです。

 

そして、狙った方向に打てるようになったらインパクトのグリップの位置が一定し、同じ高さのボールを打ち続けられるようになれば、基本の完成です。

 

ここまで出来ればヘッドスピードの変化に応じて距離が変わります。振り幅を変えようが、力の強弱を変えようが方法は自由で要は自分でヘッドスピードをコントロールすればOKです。

 

あとは、実戦です。

 

実戦では、花道などからの易しい状況からの寄せワンの確率を上げていきましょう。

 

そのためにはライの見極め、ライン、球とカップの高低差、地面の硬さなどの観察をしてそれに応じたヘッドスピードを探し当ててその通りに打てるようになって行けば確率が上がっていきます。

 

この時期は難しい状況から上手く打てるよりも易しい状況からのショットの成功確率を上げていくことが重要です。

 

ここまでできれば飛距離が足りずパーオンできない人でも90を切る事が出来ます。

 

基本に忠実にここまで来れればフルショットにも好影響が出てきて上達する良いスパイラルに乗って行けると思います。

 

 

自分にとっての「クラブの主治医」を見つける事が「自分に合うクラブ」が見つかるって事!?

ひと昔前は「何かいいクラブない?」から、現在(いま)は「自分に合ってるクラブははどれ?」と、ゴルフショップでの尋ね方が変わってきているようです。

 

昔は自分に合ったクラブを探すのはとても難しく、合ったクラブに出会えた人は周りの仲間に対してアドバンテージがとれていたと思いますが、現在は自分に合ったクラブを持っていない人が取り残されていくようになってきているように思います。

 

自分に合ったクラブを探すためには、自分のゴルフやスイングを熟知してくれる店員さんが必要不可欠です。

 

丁度、自分に主治医がいる状態と似て、自分の体調や生活形態などを理解してくれている主治医がいると病気やケガの適切な治療が受けられるようなものだと思います。

 

上手な買い方としては、出来れば100円でも安く値切ってやろういう姿勢で行くと店員も、合っているクラブよりも、仕入れが安いクラブを割引してあげようという発想になりやすいために、安く買えたけど大して良くないクラブを手にしがちになります。

 

試打が出来るショップか練習場の試打会に出来るだけ顔を出して、気に入った店員さんと頻繁にディスカッションをしていると、店員さんもスイングの特徴や好みを理解してくれますから、自分に合ったクラブを上手に選んでくれるようになると思います。

 

ん?主治医選びがクラブ選びってことですかね?